おかやま空家対策研究会が初会合

 7月7日に開催された本協議体の第4回委員会にて、岡山市・倉敷市からの提案に基づき、専門委員会として発足が認められていた「おかやま空家対策研究会」が、8月17日、初会合を岡山大学創立五十周年記念館で開催しました。
 研究会では、冒頭で、岡山市政策局政策企画課の折口範昭地方創生・政策調整担当課長が、発足の経緯について説明を行いました。その後、研究会の幹事を務める岡山市・倉敷市・岡山大学を代表して、岡山大学大学院環境生命科学研究科の氏原岳人准教授があいさつしました。会合では、氏原准教授が独自の調査結果をもとにした報告や提言を行ったほか、岡山市、倉敷市の担当者が空家の現状などを紹介しました。その後、参加した会員と、現状の問題点や今後の議論の方向性について話し合いました。
 今後はさらに議論を深め、年度内をめどに市街地における空家対策の方向性を確定し、利活用を促進するビジネスモデルの検討や、ビジネスモデルの運用に必要な支援策や規制緩和策の検討を進めていきます。