新庄村訪問

新庄村は岡山県の西北端に位置する人口約900人の村です。村のHPによれば「がいせん桜は明治39年(1906)に宿場町街道の両側に、日露戦争での戦勝を記念して、137本の桜が植えられました。その古木がいせん桜が、新庄村の懸命な樹勢回復治療で若木に負けず、百歳過ぎても(現在132本)綺麗に開花している。ソメイヨシノでこれだけ長寿で多くの桜はほかにないと思います。」とあります。

明治5年の村政施行以来一度の合併もなく、大字のないのが特徴です。今回は脇本陣を見学させて頂きましたが、古くは出雲街道の宿場街「新庄宿」として栄え、桜が植えられた街道沿いは、とても風情があります。「がいせん桜」が盛り、新庄村の道の駅「メルヘンの里新庄」は大勢の観光客で賑わっていました。また、新庄のキャラクターは、名物ひめの餅をイメージした“ひめっこ”です。

さて、このたび新庄村では、村の中心部の出雲街道沿いの古民家と理容店を再生して、新たな地域拠点を二箇所開設しました。とてもモダンで素敵な拠点です。学生や留学生を連れて、地域の子供たちと触れ合う機会を検討したいと思います。(三村聡)

新庄村「がいせん桜」2新庄村「がいせん桜」1

新庄村 地域拠点