井原市をPR!『まるごといばらPRフェア』

鳥取県・岡山県共同アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」で『まるごといばらPRフェア』が11月23日に開催されました。会場には、井原市特産の牛蒡始め、新鮮野菜が目白押しです。瀧本豊文市長のオープニング挨拶では、デニムの聖地として、デニム商品販売や体験コーナーが設けられたことも披露され、実際にデニムお目当てで来場した大勢のお客さんで賑わいました。駅前での呼び込みからアンケート&抽選コーナーなど井原市や関係団体の皆さんの協力で、展示即売した生鮮品はじめ全て地元ゆかりの豪華景品は見事になくなりました。井原市への質問を多く頂きました。東京での岡山県や井原市への認知度は、今一歩ながら、移住を考えている人たちは、結構、おられました。井原市の特産品のPRが発信いたしこうして、東京で開催した「まるごといばらPRフェア」無事に終了です。岡山大学からは内閣府人材支援制度により派遣された教員はじめ複数の教員が井原市のこうした活動をサポートしています。