大学ブランド・イメージ調査2016-2017

日経BPコンサルティングが実施した「大学ブランド・イメージ調査2016-2017」(2016年8月実施)の結果が11月30日に公表されました。

中国・四国編では、岡山大学が、初の大学ブランド力「いま注目されている、旬である」など17項目で第1位を獲得しました。

同社によると「中国・四国地方の主要大学59校における「大学ブランド力」第1位は、90.8ポイントを獲得した岡山大学(表1)。第2位は岡山大学とはわずか0.3ポイント差で広島大学(90.5ポイント)となった。第3位には愛媛大学(67.6ポイント)が入った。岡山大学は、中国・四国編の調査を開始した2010年8月調査以来、初の第1位を獲得。前回から比較すると、大学ブランド力上昇ランキング第1位は大学ブランド力ランキング第1位の岡山大学、第2位は、ノートルダム清心女子大学だった。第3位の広島市立大学は4.9ポイント伸ばし、ノミネートした公立学校12校のトップとなった。」と解説しています。

大学の特徴を語る際には、多面的な観点からの考察が必要であり、こうしたランキングは、その断面を切り取った結果であると考えます。

ともあれ、こうした評価をひとつの励みにしながら、日々の精進を重ねて参る所存です。