『第1回真庭市未来を担う人応援基金活用事業』審査会

12月4日、真庭市で開催された『第1回真庭市未来を担う人応援基金活用事業』審査会に参りました。予算総額10億円という箱より人に投資して地方創生を進める事業です。市民から高校生まで138件という多数のアイデアが出されました。

審査会では、岡山大学三村聡センター長が座長に指名され進行役を担当しました。審議には、太田昇市長も加わられ、教育・文化、産業、福祉など分野も複数にわたり、また、高校生からの提案も多数あり、各委員から、積極的な意見が出され、今後の施策展開に期待が膨らみました。