日本計画行政学会 全国大会

日本計画行政学会の全国大会が兵庫県宝塚市にある関西学院大学を会場に開催されました。(9月9日、10日)今回第39回を数える大会のメインテーマは「多様性ある地域のかたち」(Diversity in Planning and Public Management)です。

学会のHPから大会要旨を引用します。「地域・都市・街など、地域は時代の中にあって、同時に時代の産物であるとも言える。これまで東京・名古屋と開催されてきた大会では、時代として「成熟社会、縮減社会」を挙げていた。そして、『都市・地域を、新しい時代にマッチしたものに切り替えていくかという、フィージブルなヴィジョンを持つこと』、また『地域における生活の質をどのように維持・発展できるか』が、時代に求められるとしていた。地域において、時代の中で過去、現在から未来へ向けて、「どのような」「どのように」架け橋(あり方)を考えるべきだろうか。あり方として、まったく新たなものは困難であろう。地域それぞれの過去と現在を活かす「固有性」、地域の持続的発展を考える「復元性」、地域での「チャレンジ可能性」、種々の分野に広く係わる「総合性」が重要ではあるが、「あり方」として最も重要な軸の一つが「多様性」であろう。 多様性の重要さは認識されていても、地域のプラニングやマネジメントを行う軸として理解が十分かと言えば、そうではない。地域において個性と多様性が混同視されているようにも思われる。個性は現在の特質を掘り起し、生かすことが基本であるが、多様性は生み出すものである。未来を取り入れる中で、過去と現在を共に活かすことが多様性であろう。時間の前後だけでなく、多様性には、地域の生活、生産・消費、文化等の積極的な「混合」「共生」が重要である。本大会では、「多様性ある地域のかたち」をテーマとして、「どのような」多様性を「どのように」生み出すのか、多様性は地域に理解されているのか、について、広くそして掘り下げて議論していきたい。例えば、多様性ある地域の実態(特性・歴史性ある自立した中規模都市の存在、大都市圏の「経済の傘」が外れ、成長都市からさほど遠くない位置にある過疎の地域の存在)、多様性ある社会経済的実態(地域の多様なものづくり、地域スポンサーとして地元有力企業の社会経済活動、おもてなしビジネス、飲食の業種業態、観光業)、多様性を生み出す(伝統的特色ある文化、独自性・多様性を創る自治体の独自条例、地域のインフラ・建物等の資産のリノベーション、新成長製造業)、多様性の地域理解(混合への市民の理解・評価、国際観光業)などについて、多様性を軸に地域のかたちを発信していきたい。」

今回の学会にはパネル・ポスター展が併設されたため、G7先進国首脳会議「倉敷教育大臣会合」で各国トップ向けに岡山大学、公益財団法人みずしま財団、倉敷市が共に展開する『地域と大学の協働による環境教育の取組』のパネルを展示・紹介しました。